緊張するのは当たり前

風俗店というのは、正直なところ男性のためのお店という感覚を持つ人がほとんどだと思われます。
なので、女の子にとっては関わりを持つことはないと考えられるでしょうが、逆に実際に働くとなると、女の子にとっても大きな関わりを持つこととなるのです。
女の子が初めて風俗店と関わりを持つ第一歩が、面接などの問い合わせをする際の電話になります。
大体は、求人専用の電話や求人担当者に直接つながる携帯の番号に電話をかけるます。

初めて飛び込む風俗業界の電話になりますので、女の子にとっても緊張してしまい平常心が保てなくなってしまう人が多いようです。
ですが、お店側もそういった問い合わせの電話対応には慣れていますので、一般の会社などに電話をするように落ち着いて話をすれば何の問題もありません。
問い合わせの電話をかけてくる女の子が、勇気を出してることぐらいはお店側もよくわかっていますので、お店の担当者も丁寧に対応してくれます。
求人専用の電話があったとしても、繋がる先はお店っていうケースが多いです。

そこにはお客様とのやり取りをしている営業用の電話もあります。
忙しい時間だと、求人担当のスタッフさんと話している後ろから、お客様からの電話がたくさん鳴ってるのが聞こえたりすることもあります。

初めての女の子にとっては、その電話の音が何の音かわからず不安に感じてしまうかもしれませんが、あくまでもお客様からの電話だということだけはしっかりと認識しておけば、焦ることもなく落ち着いて電話対応ができることでしょう。

Copyright © 2014 風俗店で働く際の電話での問い合わせ All Rights Reserved.